眼精疲労とアスタキサンチン

眼精疲労とアスタキサンチン

忙しい現代人はパソコンやスマートフォンなどを利用する中で眼精疲労に陥っている人も少なくありません。パソコン作業のような細かい作業を日々行なうことによって目のレンズの役割を担っている水晶体の厚みを調整する筋肉が疲れてしまい眼精疲労に繋がるのです。

 

レンズの厚みを調整する筋肉が疲労してしまうことから眼精疲労も筋肉疲労の一つであり、強い抗酸化作用のある成分として美容や医療の分野で注目されているアスタキサンチンが眼精疲労の回復に役立つとされています。栄養素の多くは取り込まれた状態で様々な細胞に行き渡り役目を担っています。ですがアスタキサンチンには珍しい特徴があり、体内に取り込んだアスタキサンチンの一部がビタミンAに変化するのです。

 

ビタミンAは目の健康を維持する上で欠かせない栄養素であり、目のビタミンとも呼ばれるほどなのです。アスタキサンチンの一部が変化して出来たビタミンAには目の乾燥を防いだりする効果があるので眼精疲労の予防や改善の他にドライアイなどを予防、改善する働きを持っています。

 

アスタキサンチンに含まれる強い抗酸化作用は体内に増えすぎた活性酸素を除去する働きを持っています。活性酸素は増えすぎることによって血流などを悪くするので、活性酸素を除去することで血流が良くなります。これによって目の周辺や内部にまで抗酸化作用が行き届くことで目の老化を防ぐこともでき、眼病のリスクなどを軽減することができるのではないでしょうか。