がんを予防するアスタキサンチン

がんを予防するアスタキサンチン

「がん」と聞くと多くの人が死や手術、辛い放射線治療などをイメージします。現代の日本ではがんが出来る場所に限らず、何らかのがんによって治療が必要な人は100人に1人と言われており、死因に関しては2人に1人ががんとされるほどポピュラーな疾患となっているのです。

 

がん細胞は心臓以外の細胞であればどこにでも出来るものであり、出来る場所によって呼ばれ方が違うのですが、基本的ながんの原因として共通しているのが細胞の免疫力の低下です。この免疫力が低下している状態で活性酸素の一種である一重項酸素に攻撃されることによって細胞が損傷してしまいがん細胞が発生してしまうのです

 

そこで身体の免疫力を高めることが、がんを発生させない為の第一歩となるのですが、免疫力を高める為には生活習慣の改善や食生活の改善、適度な運動などを行なう必要があり、すぐに効果が現れるものではありません。ですからまずは、この一重項酸素を含む活性酸素を除去する成分を使ってがんの原因を取り除いていきましょう。

 

活性酸素を除去する上で欠かせないのが抗酸化作用のある物質であり、ビタミンAやビタミンEなどが挙げられるのですが、これよりも遥かに強い抗酸化作用があるのがアスタキサンチンと呼ばれる成分です。アスタキサンチンにはビタミンEの500倍の抗酸化作用があることがわかっており、生活習慣の改善などを一緒にアスタキサンチンを摂取することによってがんに負けない身体を作ることが出来るのではないでしょうか。