アスタキチンサンの摂取方法

アスタキチンサンの摂取方法

私たちの身体は不規則な生活習慣や偏った食事により摂取される食品添加物、喫煙、ストレス、紫外線などによって体内で活性酸素を発生させます。活性酸素は生きていく上でなくてはならないものなのですが、増えすぎることによって健康被害を引き起こしてしまいます。この健康被害にはがんや糖尿病など重大な疾患も含まれており、体内で増えすぎた活性酸素を除去することによって、これらの疾患を予防することにも繋がるのです。

 

活性酸素を除去することが出来る物質を抗酸化物質と呼び。ビタミン類やミネラル、リコピンやカロチン、フラボノイドなどが抗酸化作用のある物質となるので、活性酸素を除去する目的で積極的にこれらの抗酸化作用物質を含む食材を取り入れなければなりません。中でも非常に強い抗酸化作用のある成分として美容や医療の分野で注目されているアスタキチンサンは、鮭やイクラ、蟹や海老など赤い色素を持つ魚介類に含まれる天然の色素成分です。では私たちはこのアスタキチンサンの効果を得る為に一日にどのぐらいのアスタキチンサンを摂取すればよいのでしょうか。

 

もともとビタミンEの500倍と言われる抗酸化作用を持つのがアスタキチンサンですので少量でもその効果は高いものとなります。一日にだいたい2〜4rほどを目安に摂取するとよいでしょう。このぐらいの量であれば鮭の切り身で100g程となるので比較的取り入れやすいのではないでしょうか。またアスタキチンサンは油に溶けやすい物質なので油と一緒に摂取することによってその吸収率が高まります。