アスタキサンチンの副作用

アスタキサンチンの副作用

アンチエイジングや病気の予防や改善などに役立つとされ、美容や医療の分野で活用されているアスタキチンサンですが、注目される理由はアスタキチンサンが持つ強い抗酸化作用にあります。体内で増えすぎた活性酸素を除去する働きを持つ抗酸化作用は、活性酸素が老化はもちろんのこと生活習慣病やアレルギー、がんなどの疾患にも関係していることがわかり現代人にとってなくてはならない物質となっているのです。

 

アスタキチンサンは海で漁れる鮭や蟹、海老やいくらなどの海洋生物に含まれており、これらの生物が食べたプランクトンがアスタキチンサンの元になっているのです。鮭や蟹、海老と聞いて思い浮かべる色は何色ですか?多くの人が赤を思い浮かべるのではないでしょうか。この赤い色素がアスタキチンサンなのです。

 

天然由来の色素であり、薬に頼ることなく様々なトラブルを予防したり改善することが出来るとされているのです。ではこのアスタキチンサンを摂取する上で副作用の心配はないのでしょうか。身体によいことばかりを並べられるとやはり気になるのが悪い部分なのではないでしょうか。ですがアスタキチンサンを摂取する上でこれと言って副作用は見当たらないのです。唯一挙げられる副作用の様なものは、緑黄色野菜に含まれるカロテロイドと呼ばれる栄養素とアスタキチンサンを摂取することによって、カロテロイドの吸収を若干妨げるだけのようです。これが副作用と呼べるのかは…。

 

また甲殻類にアレルギーがある人も、蟹や海老に含まれると聞くと不安になるでしょう。ですが蟹や海老から摂取することを除いて、サプリメントなどであれば蟹や海老由来のアスタキサンチンではなく、プランクトン由来のアスタキサンチンが使用されているので安心してよいでしょう。